2014年5月18日日曜日

「iBeacon」で何ができる?:第18回「TVとネットの近未来カンファレンス」レポートその3 #tvnetconf

Innovatune 代表 Gijo Sivan氏

2月6日に池袋サンシャイン文化会館で行われた、第18回「TVとネットの近未来カンファレンス」のレポート第3弾は、インドのスタートアップ企業 Innovatune 代表 Gijo Sivan氏による、「iBeacon」プラットフォームについてです。



第18回「TVとネットの近未来カンファレンス」は、社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)の「page2014」オープンイベントとして開催されました。登壇者は以下のとおりです。


そもそも「iBeacon」ってなあに?


「iBeacon」は近距離無線技術「Bluetooth Low Energy(LE)」を利用した、位置特定技術です。Bluetoothはバッテリー消費が早くなるのを嫌ってOFFにしておく人も多いですが、メタキャスト 井上氏によると Bluetooth LE は電力消費が劇的に下がっているのが特徴だそうです。

iBeacon

GPSは屋外で衛星電波を使って大雑把に位置を特定しますが、iBeacon の場合は「ビーコン」と呼ばれる小さいデバイスを使うことで室内でも利用可能で、しかも数十センチから数メートルまでかなり正確に位置を特定できるのが特徴だそうです。

ビーコン

iBeacon が標準搭載された iOS 7 がリリースされて以降、さまざまな活用話が出てくるようになりましたが、Gijo Sivan氏によると実はiOS 6のころから技術的にはサポートしており、iOS 7から「iBeacon」と呼ぶようになったとか。


「Beacon PLUS for Consumers」とは


iBeacon活用法

Gijo Sivan氏の会社は「Beacon PLUS for Consumers」というシステムによって、track(トラッキング)、Search、Control、Utilitiesという4つの機能を提供すべく開発を進めているそうです。

スマートフォン1つでたくさんのリモコンがひとまとめに

例えば、たくさんのリモコンを、スマートフォン1つにまとめてしまう(赤外線の学習リモコンをBluetoothでやる)とか。

場所に応じたコンテンツ配信

場所に応じたコンテンツ配信を行ったり。

ビーコンのマネージメント
ビーコンのマネージメント

膨大なビーコンのモニタリングやマネージメントをしたり。

ビーコンのマネージメント
ビーコンのマネージメント
ビーコンのマネージメント

とまあ、いろんなソリューションが提供できるそうです。CESにも出展していたそうですが、こういうのがプラットフォームで管理できるのはいいね、という反響だったとか。

決済機能があるので、PayPalが「顔パス支払い」サービスの提供を始めたりしてるみたいです。日本では、これから普及していくのかな?

【参考】

週間人気投稿

月間人気投稿