「MERYが小学館子会社として復活」「KENPC 3.0」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2017年7月31日~8月6日)

Nexus 7のebiReader

 先週は「MERYが小学館子会社として復活」「KENPC 3.0」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2017年7月31日~8月6日分です。


2016年モバイルコンテンツ関連市場規模(PDF) 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(2017年7月28日)


 1週前の記事ですが見落としていたのでピックアップ。というか一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラムって、同様の調査を2004年ごろからずっと毎年やっているんですね。フィーチャーフォンの電書市場は、まだ41億円残ってるそうです。なお、スマートフォン等市場では、電書は2062億円。全体で見るとゲーム市場が圧倒的なのですが、音楽や映像に比べると電書の伸びは大きく、動画・映像を抜いて売上2番手のコンテンツになっています。意外。


市長になったのは、「本のまちづくり」を実現するため 新・公民連携最前線 PPPまちづくり(2017年7月31日)


 公民連携の面白い事例。駅前再開発ビルの計画を見直し図書館を導入(4F)、ジュンク堂書店も同居し(2F)、借りると買うがすぐ近くにある環境を実現しています。今後、相互の検索システムも設置予定とのこと。相乗効果が図れそうです。


覆面販売 再生なるか文庫市場 出版社別→著者別へ 産経ニュース(2017年7月31日)


 著者買いする私は、著者別に陳列されてると嬉しいです。電子書店だと、同じ著者の別作品が関連書籍として表示されたりするから、ラクでいいんですけどね。新刊点数を前年度より50点以上減らしたのに、販売部数は逆に増加している新潮文庫の事例が興味深い。


出版状況クロニクル111(2017年7月1日~7月31日) 出版・読書メモランダム(2017年8月1日)


 毎月楽しみな、小田光雄さんの出版状況クロニクル。出版科学研究所による2017年上半期 紙と電子の出版物販売金額を受けた、以下の記述の意味がわからず悩みました。

(略)電子出版市場が2000億円に達した場合、この金額は15年のコミックス売上に相当するものであり、しかもそれは紙よりも低価格であることから、コミックス誌1100億円も含んでしまう売上となる。現実的に電子コミックの占めるシェアは75.5%なのだ。

 電子は安売りで単価が安いぶん部数が多く出るから、金額以上に紙の部数シェアを奪っていく、という意味でしょうか。75.5%がなんの数字かわからず悩んだのですが、電子合計1029億円のうち電子コミックが777億円(75.51%)ということかな?


米Amazon、閲覧ページ数での電子書籍作家支払い算定式「KENPC 3.0」に更新、ランキング操作業者に対抗か hon.jp DayWatch(2017年8月2日)


 読み放題サービス「Kindle Unlimited」における「読まれたページ数」のカウント方法がまたリニューアル。「non-linear reading」への対策がなされている模様。ハックと対策のイタチごっこが続きます。


小学館とDeNA、共同出資会社「MERY」設立 新「MERY」運営へ ITmedia ビジネスオンライン(2017年8月3日)


 4月に「新デジタルメディアを検討」することに基本合意したという発表がありましたが、共同出資の子会社を設立することに。「MERY」が復活するわけですが、旧MERYの運営会社であるペロリがDeNAの子会社だったのに対し、新会社の出資比率は小学館が66.66%、DeNAが33.34%。小学館の子会社に、DeNAがちょっと手を貸す、と考えたほうがよさそうです。DeNAの高機能なコンテンツ管理システム(CMS)や検索上位掲載ノウハウを小学館が安く買った、と見ることもできるでしょうか。なお、ペロリはそのまま存続し、旧MERYで生じた問題の対応を引き続き行うとのお知らせ(InternetArchive)が出ていました。


(記者有論)著作権切れた所蔵品 公立美術館は画像公開して 木村尚貴 朝日新聞デジタル(2017年8月3日)


 公立美術館148館にアンケートを実施したところ、回答のあった134館ほぼすべてで「著作権保護期間が切れた作品」の画像利用に申請が必要だったり、厳格な利用条件があったりする状況がわかったとのこと。予算を使って行ったデジタル化なのだから、画像データにもなにかしらの所有権がある……と考えがちなのですが、そうではないのですよね。なお、例えば足立区立郷土博物館所蔵資料の画像データは、パブリックドメインだから自由に利用できますと明示されています。新聞にはこういう良い事例を、前向きに紹介して欲しいところです。



 激動の出版業界2016年を振り返る! 毎週更新している「出版業界関連の気になるニュースまとめ」記事1年分52本+αが、1冊の本になりました。詳細は下記の書影をクリック!




 Googleグループ「Weekly 見て歩く者 by 鷹野凌」に登録すると、毎週この「出版業界関連の気になるニュースまとめ」がメールで届きます。ときどき号外を配信するかも? ブログの更新チェックが面倒な方はぜひ登録してください。無料です。