関東圏の丸善ジュンク堂26店舗で「Pontaポイント」または「dポイント」が「hontoポイント」とともに利用可能に

Pontaとdポイント

大日本印刷グループの株式会社トゥ・ディファクトは4月16日、ネット書店とリアル書店が連携するハイブリッド型のサービス「honto」に、株式会社ロイヤリティ マーケティングの「Pontaポイント」と株式会社NTTドコモの「dポイント」を導入したことを発表しました。

「honto」はこれまで自社ポイントサービス「hontoポイント」を提供し、本の通信販売と電子書籍の販売、および、全国の丸善ジュンク堂、文教堂、啓林堂書店での買い物時にポイントを貯めたり使ったりできるようにしてきました。

今回の提携は、まず関東圏の丸善ジュンク堂26店舗での先行導入ですが、今後、早期に全国85店舗への導入を目指すとしています。対応店では本や文具の購入時に、「Pontaポイント」または「dポイント」を「hontoポイント」とともに貯めたり使ったりできます。

店頭での購入時にレジで「hontoカード」と、「Pontaカード」または「dポイントカード」を同時に読み込ませることで、アカウントへの紐付けが完了。以降は、いずれか1枚のカード提示で2種類のポイントが同時に貯められるようになります。

また同社は同日、東海地方を中心に利用されている株式会社TOKAIホールディングスの「TLCポイント」交換サービスとの連携を開始したことも発表しています。ポイント経済圏の拡大により、利用者の拡大と利用率の向上を図る見通しです。

関連情報