トーハン運営の電子書店「Digital e-hon」がサービス終了、利用者は累計購入額相当のポイント還元で救済

「Digital e-hon」

取次大手の株式会社トーハンは4月16日、電子書店「Digital e-hon」サービス終了のお知らせを発表しました。利用者に対しては、累計購入額相当のポイントを還元する救済措置があります。

お知らせによると、新規会員登録は即日終了、ダウンロードや閲覧は7月31日まで可能とのことです。また、救済措置のポイント還元は5月8日の予定で、同じくトーハンが運営するネット書店「全国書店ネットワークe-hon」のポイントか、本棚連携で提携していたKADOKAWA直営電子書店「BOOK☆WALKER」のコインに交換が可能とのことです。

なお、医学文献検索サービス「医中誌パーソナルWeb」の利用は5月31日で停止、6月以降は「So-net版 医中誌パーソナルWeb」への移行が勧められています。So-net版に切り替えた場合は、申込み月の利用料金は無料になるとのことです。

関連情報