ピースオブケイクが「note」を活用したマンガ作品拡販コンサルティングの受付を開始

ピースオブケイク「note」

株式会社ピースオブケイクは4月16日、自社の運営する投稿プラットフォーム「note」を活用したマンガ作品拡販コンサルティングの受付を開始しました。

同社はコンサルティングの申込みがあった出版社や作家などへ向け、新作や連載作品の売上増を図るための「note」の利用法や発信法などを提供していくとのことです。

「note」を活用した成功事例としては、田中圭一氏『うつヌケ』(KADOKAWA)や吉田貴司氏『やれたかも委員会』(双葉社)を挙げています。対象は「出版社、漫画家」とありますが、申込みフォームには「編集者」と「メディア」の選択肢もあります。

関連情報