倉下忠憲さんの〈びっくら本〉企画に乗って、2017年に読んで面白かった本を10冊挙げてみる #mybooks2017

鷹野の本棚

2016年に読んで面白かった本を10冊挙げてみます。元ネタは、倉下忠憲さんの〈びっくら本〉企画です。




昨年の〈びっくら本〉で“「ブクログ」をもうちょっと有効活用したいなあ”なんて言っておきながら、結局、ちゃんと読書記録を付けていない私。そこで、机の後ろにある本棚をじっと眺めて……アレ? 買っただけで積んでる本ばかり目立つぞ?

そこで、デジタルはどうだろうと Kobo と Kindle を開いてみても、読みかけばかり。どうも今年は BOOK☆WALKER でエンタメばかり読んでいたようです。というわけで、読書履歴を自動で記録してくれる BOOK☆WALKER の「読書ノート」からデータを引っ張ってみました。

1月の読書:読んだ量 14215ページ、読んだ本 75冊、読んだ時間 3922分間
2月の読書:読んだ量 27233ページ、読んだ本 114冊、読んだ時間 2301分間
3月の読書:読んだ量 28635ページ、読んだ本 137冊、読んだ時間 4166分間
4月の読書:読んだ量 27288ページ、読んだ本 126冊、読んだ時間 5667分間
5月の読書:読んだ量 18630ページ、読んだ本 69冊、読んだ時間 6186分間
6月の読書:読んだ量 35960ページ、読んだ本 156冊、読んだ時間 5537分間
7月の読書:読んだ量 33725ページ、読んだ本 137冊、読んだ時間 7724分間
8月の読書:読んだ量 15117ページ、読んだ本 64冊、読んだ時間 2228分間
9月の読書:読んだ量 29524ページ、読んだ本 128冊、読んだ時間 2837分間
10月の読書:読んだ量 29610ページ、読んだ本 123冊、読んだ時間 4478分間
11月の読書:読んだ量 25898ページ、読んだ本 109冊、読んだ時間 2969分間
12月の読書:読んだ量 21704ページ、読んだ本 87冊、読んだ時間 2729分間

そんなに読んでるのか……。

BOOK☆WALKER

どうやら昨年の3倍くらい読んでいたようです。とはいえ、同じ本を繰り返し読んだ場合もカウントされてるんですけどね。アニメもやたらと観ていた気がしますし、エンタメに飢えていたんでしょうか? そんな今年読んだ中から選んだ10冊(というかシリーズ)を紹介します。

◆ ◆ ◆


掟上今日子の備忘録 - 西尾維新/VOFAN:電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

西尾維新さんにインタビューをする仕事が回ってきて、でも〈物語〉シリーズくらいしか読んでなかったよなあ、と次に手に取った小説シリーズ。レビューも書きました。もちろんコミックも読んでます。

◆ ◆ ◆


バクマン。 モノクロ版 1 - 大場つぐみ/小畑健(ジャンプコミックスDIGITAL):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

マンガ家がβリーダーを組織化し、一般公開前に読者の声を聞いてストーリー展開を決める……という話が『バクマン。』に出てくるのは知っていたけど、ちゃんと読んだことがなかったので。2008年から2012年までの連載なので、2013年にリリースされた「comico」「マンガボックス」は知らずに描いているわけですよね。すごい。

◆ ◆ ◆


虫籠のカガステル(1) - 橋本花鳥(RYU COMICS):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

橋本チキン(現・橋本花鳥)さんが個人サイト「チキンの魂」で連載していたマンガ。フランス語訳版で商業化され、日本語商業版があとから出るという、リアルでもびっくり展開だったりします。

◆ ◆ ◆


コトノバドライブ(1) - 芦奈野ひとし(アフタヌーン):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

芦奈野ひとしさんの『ヨコハマ買い出し紀行』の、次の次の作品。芦奈野ひとしワールドの空気感、大好きなんですよね。連載終わってしまったのが残念……。

◆ ◆ ◆


アリスと蔵六(1) - 今井哲也(RYU COMICS):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

「アニメ化決定!」の報を見て買ったり、アニメを観てから買う場合も結構多いのですが、この『アリスと蔵六』はその前から買っていました。「アニメ化決定!」の報を見てすぐ、アニメ化前にレビューを書いたという私としては珍しいパターン。しかし、アニメが終わってから、連載も止まってる……早く再開しないかなあ。

◆ ◆ ◆


ゼロから始める魔法の書 - 虎走かける/しずまよしのり(電撃文庫):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

こちらはアニメを観てから買って読んだ作品。しまかz……いえ、なんでもありません。コミック版でレビューを書きました。見た目は萌えっぽいのですが、中身は超正統派なファンタジー作品だったりします。ファンタジー世界、好きなんですよね。

◆ ◆ ◆


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか - 大森藤ノ/ヤスダスズヒト(GA文庫):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

外伝『ソード・オラトリア』のアニメ化をきっかけに、まず外伝じゃないほうの原作小説から読んでみるかと買った作品。購入履歴を見たら、そのまま外伝とそのコミックまで一気に買って読んでいました。改めて、自分ってほんとにファンタジーが好きなんだな、と。

◆ ◆ ◆


狼と香辛料(1) - 小梅けいと/支倉凍砂/文倉十(電撃コミックス):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

最終巻はまだ出ていませんが、「電撃マオウ」での連載は2018年2月号で終わりました。コミカライズ完結記念。レビューも書きました。原作小説は続編『狼と羊皮紙』が出たり、短編集が出たりと、息の長いシリーズ。ファンタg(ry


◆ ◆ ◆


木根さんの1人でキネマ 1巻 - アサイ(ヤングアニマルDensi):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

Facebook で流れてきたウェブコミック「マンガPark」で読んで、大笑いしてそのまま単行本も買ったパターン。「布教したい」と思ったのはひさびさかも。あふれるこじれた映画愛に涙がちょちょぎれます。レビューも書きました。エヴァの回が至高。ちなみに私は、スターウォーズシリーズをいまだに1作も観たことがありません。というのを Facebook でポロッっと言ったら、コメント欄が大変なことになりました。第4話のネタであります。

◆ ◆ ◆
10


幼女戦記 1 Deus lo vult - カルロ・ゼン/篠月しのぶ:電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

放映中に「dアニメ」での配信がなかった(終わってから配信開始された)ので、先に原作とコミックを読んだパターン。第一次世界大戦をガチで描いた戦記物にちょっとだけ幼女(中身はおっさん)と魔法要素が加えられています。コミック版でレビューも書きました。「羊の皮を被った悪魔か神の使徒か」というのはなかなか気に入っている記事タイトルだったり。

◆ ◆ ◆


少女終末旅行 1巻 - つくみず(バンチコミックス):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

アニメで第1話を観てすぐ単行本を買いました。こういう空気感も、大好き。最初に想起したのは sasakure.UK さんの鏡音リンオリジナル曲「しゅうまつがやってくる!」だったりします。もちろんレビューも書きました。

◆ ◆ ◆


魔法使いの嫁 1巻 - ヤマザキコレ(ブレイドコミックス):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -

アニメ、最初はスルーしていたのですが、Facebook で友達が激推ししていたので観て読んでみました。レビューも書きましたよ。ファ(ry

あれ? 12冊(というかシリーズ)ある? ま、いいか。