2016年8月12日金曜日

Kindle Unlimitedのラインアップが変動しているので出版社別に比較表を作ってみた

Kindle Unlimitedの小学館

Kindle Unlimited」のラインアップが開始から1週間ほどで既に変動しているので、開始直後の状況と比較をしてみます。



※スマートフォンの方は、画面を横にしてください


[ソース:Kindle Unlimited出版社別

小学館、東洋経済新報社、リットーミュージック、翔泳社、インプレスR&Dは大きく点数を減らしています(変動率10ポイント以上)。逆に、双葉社、プランタン出版、徳間書店、三笠書房は大きく点数を増やしています。

増えるほうは「準備が開始に間に合わなかった」という理由が考えられますけど、減るほうはなんでしょうね? 単なるミス? 開始直後だからというのもあるとは思いますが、わりと変動が大きいのが気になります。

システム的にはこまめに出し入れが可能っぽいので、これは「読み放題になっていることに気づいたら、すぐ読まないと、いつ非対応になるかわからない」ということなのかもしれません。出会ったときが読むとき!

しかし、読み放題でダウンロード済みの本が非対応に変わったら、ライブラリにダウンロードした本はどうなるんだろうか……?[追記:こちらの記事によると、ライブラリから消さない限りは読み続けられるようです]

ボクの著書はまだ読み放題対応!

週間人気投稿

月間人気投稿