2016年8月4日木曜日

Kindle Unlimitedのコミックラインアップを出版社別に調べてみた

Kindle Unlimited

昨日日本でも始まった「Kindle Unlimited」。ソーシャルメディアなどを見ていると「マンガ喫茶ヤバいんじゃね?」という反応が散見されるので、実際のところどうなのかコミックに絞って調べてみました。



なお、さきほど調べ直したばかりなので、昨日の調査と若干状況が異なっています(例:小学館が3→0)。また、昨日同様、10%未満にはマークしておきました。

※スマートフォンの方は、画面を横にしてください


[ソース:Kindleストアコミック出版社別Kindle Unlimitedコミック出版社別

全ジャンルの網羅率が14.18%なのに対し、コミックは10.51%。講談社、小学館、集英社、KADOKAWA、秋田書店など、コミックの大手出版社がほとんど配信していない状態です。これならマンガ喫茶が危うくなることはないかも。

逆に、頑張って4桁配信しているのは日本文芸社、竹書房、ぶんか社、一迅社。前のめりです。例えば『ゆるゆり』は全巻読み放題になってます。


ただ、この状況がいつまで続くか。文化通信の記事によると“ただし、出版社の参加を促すため、サービス開始初年は単品を販売したのと同額を出版社に支払う特別条件を提示している”とのことなので、来年になって通常条件に戻ったときどれだけ離脱するか?が心配になりますね。

週間人気投稿

月間人気投稿