2016年4月15日金曜日

Kindle Oasis 3万5980円って誰が買うの?


Amazon の新型電子ペーパー端末 Kindle Oasis が、史上最薄・最軽量はいいけど、お値段も3万5980円と史上最高値。Kindle Voyage 23980円でさえ「高ッ!」と思ったのに、誰が買うんだコレ?



最初に思ったのは、Kindle Paperwhite 1万4280円(プライム会員価格1万280円)と、廉価モデルの Kindle 8980円(プライム会員価格4980円)が相対的にめちゃ安く感じられること。Kindle Voyage 登場時にボクはこんなことを書いています。

「Voyage」の2万円強という価格設定は、恐らくAmazonも一部の好事家にしか売れないと思っていることでしょう。松と梅だけだと梅が売れるけど、松竹梅だと竹が売れるという法則があるので、「Paperwhite」を売りたいのかな、という感じ。

ところが Kindle Oasis 投入で、バリエーションは4つになります。少し考えてみたのですが、廉価モデルの Kindle はあまりに低スペックだから選択肢に入らない(ボクがそう)場合に、もし Kindle Voyage にプライム会員価格が設定され1万8000円くらいで買えるようになったら、結構ぐらつくかも。つまり、今度は Kindle Voyage を売りたいのかな、と。


もし Kindle Voyage がプライム会員価格で1万8000円になると、Kindle Oasis 3万5980円は倍のお値段。Kindle Oasis がごく一部の好事家にしか売れなかったとしても、Kindle Voyage の在庫を減らすのと、プライム会員を増やす役には立つのかも。


いやーそれにしても、専用端末3万5980円はさすがに手が出せない。10.1インチの液晶タブレット Fire HD 10 を 32GB モデルにしても、3万2980円ですよ。こっちなら映像・音楽・ゲームも楽しめる。


ちなみに Kindle Oasis は Amazon.com では $289.99 なので、日本での販売価格は1ドル124円で計算しています。本稿執筆時点では1ドル109円。過去1年間で最も円安に振れたときは125円台までいってるので、3万5980円は為替変動リスク込みのお値段、ということなのでしょうね。


週間人気投稿

月間人気投稿