2015年6月1日月曜日

「文化庁サイトリニューアルでリンク切れ大量発生」「カドカワに社名変更でンゴが消える」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2015年5月25日~31日)

iPadのBOOK☆WALKER

毎週月曜恒例。出版業界関連の先週のニュースで、ボクが気になったものにコメントをつけてまとめていきます。電子出版界隈が中心です。先週は「文化庁サイトリニューアルでリンク切れ大量発生」「カドカワに社名変更でンゴが消える」などが話題になっていました。



廣済堂の電子書店アプリ「BookGate」シリーズ、8月末日でサービス終了 - ITmedia eBook USER ※2015年5月25日


先週時点では記事になっていませんでしたが、記事になったので改めてピックアップ。「サービス終了で読めなくなる」不安を無関係なユーザーにも与える意味で、最悪の幕引きです。


BookLive、「マンガ無料連載」をスタート Antennaとの連携も - ITmedia eBook USER ※2015年5月27日


会員登録や専用アプリが不要(ブラウザビューワでそのまま読める)なのと、ニュースアプリ「Antenna」と提携している点が興味深い。「Antenna」ユーザー数は400万とのこと。『超人ロック』のような古い作品から『てーきゅう』のような比較的新しい作品まで、ジャンルも新旧もさまざまです。


Kindleストアで『無邪気の楽園』配信停止 ガイドライン抵触が原因か - ITmedia eBook USER ※2015年5月27日


当初、購入済みユーザーの再ダウンロードも不能になっているという情報もありましたが、新規販売が停止されただけのようです。記事では触れられていませんが、紙の本も販売停止されています。なお、Googleも同時期にアダルト表現に対する規定を変えたようで、対応に追われている版元が見受けられました。



アメリカ企業のガイドラインは、アメリカの倫理観(キリスト教・主にプロテスタント)に基づいているので、日本の感覚とはズレる場合が多々ありますね。


オールアバウト、ディー・エル・マーケットを子会社化 - ITmedia eBook USER ※2015年5月28日


DLmarket」運営のシーズネットが会社分割して、新設されるディー・エル・マーケットをオールアバウトが子会社化するそうです。コンテンツの販売という意味では「All About Books」が直接関連すると思うのですが、いま「BCCKS」と提携してるのはどうするんでしょうね?

ちなみに、改めてオールアバウトのIR情報をチェックしたら、筆頭株主が大日本印刷(32.05%)になっていてびっくりしました。2位がリクルート(24.95%)、3位はヤフー(19.87%)。


KADOKAWA・DWANGO、10月1日より「カドカワ株式会社」に社名変更…経営統合を内外に強く示すため | Social Game Info ※2015年5月28日


業界内外から「は?」という驚きの声が聞こえてくるのと同時に、大喜利が始まっていたのが笑えます。



ちなみに「DWANGO消えちゃうのか……」という声もありましたが、変わるのは持ち株会社だけです。下図を参照。

持ち株会社 KADOKAWA・DWANGO → カドカワ
├ 子会社 KADOKAWA(変わらず)
└ 子会社 DWANGO(変わらず)


文化庁ホームページをリニューアルしました! ※2015年5月28日


あまりに腹が立ったのでピックアップ。







「リニューアルに伴い,URLが変更となったページがございます」って、あのねぇ……引っ越しをしたら郵便局に転送届けを出すように、URLを変えたらリダイレクト(新URLへ自動転送)しなきゃダメでしょ。国が管理するウェブサイトが、どれだけ外部から参照されているか理解していないのでしょうか。頭痛い。


これを待ってた! BOOK☆WALKERが横断検索機能をβリリース - ITmedia eBook USER ※2015年5月29日


購入済み書籍の横断検索。期間限定で未購入作品まで対象になっているところがすごい。「Googleブックス」と同じように、スニペットが表示される形です。Googleが荒っぽいやり方をしちゃったから、警戒してる版元もまだまだ多いはず。まだβなので実用・新書の一部ですが、他の版元の合意を得ながら対応範囲を広げていくことでしょう。


出版状況クロニクル85(2015年5月1日~5月31日) ※2015年6月1日


毎月楽しみな小田光雄さんの出版状況クロニクル。アルメディアの書店数調査や、『出版ニュース』の「世界の出版統計」といった数字がいろいろ出ています。


お知らせ


日本独立作家同盟主催セミナー第2回は、ライターで電子雑誌『トルタル』編集長の古田靖さん。文章だけで20年間食べてきたコツを初めて伝授します。創作、ノンフィクションどちらにも使える基本を、紙、ウェブ、電書それぞれに応用できるよう解説。セミナー参加者限定特典として、文章添削もあります。詳細はPeatixのイベントページをご覧ください。

週間人気投稿

月間人気投稿