2014年1月30日木曜日

【要注意】電子出版権創設前後に出版社が著者と結ぶ契約に盛り込もうとする「逆オプション契約」とは?――JEPAセミナーレポート


森・濱田松本法律事務所 弁護士 松田政行氏

昨年末に、文化審議会著作権分科会出版関連小委員会が開催され、「電子出版権を創設すべし」との最終報告書が出ています。1月29日に行われたJEPAセミナーは、この報告書作成に関わった弁護士の松田政行氏(上写真)から内容の紹介と、電子出版権創設後に出版社は著者とどういう契約を結ぶべきか? というアドバイスでした。

とくに終盤で述べられたアドバイスについては「なるほど、そういうやり方をするのか……」と驚くとともに、やはり著者側も契約についてちゃんと理解しておかねばならないということを再認識させられました。

以下、セミナーの内容を、自分の理解の範囲で噛み砕いて説明します。約5000文字あるので、忙しい方(とくに著者の方)は「電子出版やらなくても済む、逆オプション契約」以降だけでも目を通しておくことをお勧めします。もし間違っているところがあれば、ご指摘いただけると幸いです。

2014年1月28日火曜日

"電子書店完全ガイド2013:「eBookJapan」を徹底解剖する" をITmedia eBook USERへ寄稿しました


http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1401/28/news019.html
電子書店完全ガイド2013:「eBookJapan」を徹底解剖する (1/5) - ITmedia eBook USER



ファイルの「コピー」ではなく「移動」という形になっているので、「トランクルーム」の利用に「アップロード」の操作を必要とするという点が結構煩わしかったのですが、アップロードし忘れても別の端末へダウンロード可能になったこと、ダウンロード開始と同時に読み始められる(ダウンロード完了まで待たなくていい)こと、ブラウザビューアは難しいこと考えずにすぐ使えることなどが、煩わしさをかなり緩和しています。

記事中ではあまり強調していませんが、eBookJapanだけで配信しているマンガって、結構多いんですよね。10年以上やってきた中で、著者との直接契約も多いみたい。


北斗の拳


包丁人味平 ラーメン勝負

"同人雑誌「月刊群雛 (GunSu)」が目指すこと" をマガジン航[kɔː]に寄稿しました


http://www.dotbook.jp/magazine-k/2014/01/28/gunsu/
同人雑誌「月刊群雛 (GunSu)」が目指すこと « マガジン航[kɔː]



「とにかく続けること」が大切だと思っています。「三号雑誌」になるのは避けたい。ひとまず1年間で12回、きっちり出し続けたいと思います。



月刊群雛 (GunSu) 2014年 02月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~
日本独立作家同盟 (2014-01-28)
売り上げランキング: 424

「月刊群雛 (GunSu)」創刊! オンデマンド印刷版・電子版をBCCKSで販売開始しました


「月刊群雛 (GunSu) 」創刊号表紙

「見て歩く者」の更新はおろか、仕事もそっちのけで精力を注いできた「月刊群雛 (GunSu) 」の2014年02月号がついに発売開始されました。BCCKSで、オンデマンド印刷版と電子版を同時発売です。

2014年1月27日月曜日

出版業界関連の気になるニュースまとめ(2014年1月20日~2014年1月26日)「マンガ大賞・本屋大賞ノミネート作発表」「KindleとKoboでKADOKAWA70%オフ」など


iPad の BookLive!

毎週月曜恒例。出版業界関連の先週のニュースで、ボクが気になったものにコメントをつけてまとめていきます。電子出版界隈が中心です。先週は「マンガ大賞・本屋大賞ノミネート作発表」「KindleとKoboでKADOKAWA70%オフ」などが話題になっていました。

2014年1月20日月曜日

出版業界関連の気になるニュースまとめ(2014年1月13日~2014年1月19日)「KADOKAWAに不正アクセス」「Kindleで海賊版同人誌」「サイファー・テックのDRMに不具合」など


Reader PRS-T2

毎週月曜恒例。出版業界関連の先週のニュースで、ボクが気になったものにコメントをつけてまとめていきます。電子出版界隈が中心です。先週は「KADOKAWAに不正アクセス」「Kindleで海賊版同人誌」「サイファー・テックのDRMに不具合」などが話題になっていました。

2014年1月13日月曜日

内沼晋太郎さん×仲俣暁生さん×小林浩さんのトークイベント「逆襲する本のために」へ行ってきた #本の逆襲


「本の逆襲」著者の内沼晋太郎さん

2013年12月11日に下北沢の『本屋 B&B』で行われた、『本の逆襲』アイデアインク(朝日出版社)刊行記念トークイベント「逆襲する本のために」へ行ってきました。出演は、『本の逆襲』の著者で『本屋 B&B』経営者の内沼晋太郎さん、『マガジン航』編集人の仲俣暁生さん、人文系出版社『月曜社』の小林浩さんです。

イベントのレポートは、内沼さんが編集長を務める「DOTPLACE」から全文書き起こしが出ていますので、詳しくはそちらをご参照下さい。ここでは、トークイベントを聞いた感想・意見などを書き連ねてみます。

出版業界関連の気になるニュースまとめ(2014年1月6日~2014年1月12日)「Amazonによるアダルト作品の排除強化」「抗議で中止していた国会図書館の資料公開を一部再開」など


Nexus 7 の Sony Reader

毎週月曜恒例。出版業界関連の先週のニュースで、ボクが気になったものにコメントをつけてまとめていきます。電子出版界隈が中心です。先週は「Amazonによるアダルト作品の排除強化」「抗議で中止していた国会図書館の資料公開を一部再開」などが話題になっていました。

2014年1月10日金曜日

"電子書店完全ガイド2013:ハイブリッド総合書店「honto」を徹底解剖する" をITmedia eBook USERへ寄稿しました


http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1401/10/news014.html
電子書店完全ガイド2013:ハイブリッド総合書店「honto」を徹底解剖する (1/5) - ITmedia eBook USER


"電子書店完全ガイド2013:ハイブリッド総合書店「honto」を徹底解剖する" をITmedia eBook USERへ寄稿しました。電子書店完全ガイド2013「年度」です(苦しい)。

「honto電子書籍ストア」には、総ラインアップ数を表示する方法がありません。そこで前回と同様、検索メニューの[出版社名で探す]から全出版社の[シリーズ単位]と[商品単位]の数字を手作業でカウントしました。

サラリと書いてありますが、実はめちゃくちゃ大変な作業だったりします。



自動取得できるようなスクリプトを組めればいいのですが、ボクにはそんな技術がありません。また、365日制限が残っているかどうかを調べるには、数作品づつでも開いて確認するしかありませんでした。まるっと2日間要したよ……。

2014年1月6日月曜日

出版業界関連の気になるニュースまとめ(2013年12月23日~2014年1月5日)「コボスタ」「エルパカBOOKS終了」「KADOKAWAが汐文社を子会社化」など



毎週月曜恒例。先週の出版業界関連ニュースで、ボクが気になったものにコメントをつけてまとめていきます。電子出版界隈が中心です。今回は年末年始の2週分。「コボスタ」「エルパカBOOKS終了」「KADOKAWAが汐文社を子会社化」などが話題になっていました。

2014年1月3日金曜日

YouTube動画をGoogle+へ投稿しても、YouTubeコメントに反映されないようにする方法があった!


YouTubeのミクの日大感謝祭公式映像

YouTube動画をGoogle+へ共有すると、投稿内容やコメントがYouTubeのコメント欄にも反映される!対処方法についてまとめてみた」で「Google+への投稿がYouTubeのコメント欄に反映されるのを防ぐ方法はありません」と書きましたが、新規投稿であれば防ぐ方法があることに気づいたので、改めてまとめておきます。

2014年1月2日木曜日

2013年12月と通期の人気記事ランキングとAnalytics


(※写真:写真素材 足成より)

2013年12月と通期の人気記事ランキングと Google Analytics のデータです。

週間人気投稿

月間人気投稿