2014年7月23日水曜日

"いま改めて考える、出版社のレゾンデートル"(存在意義)をマガジン航へ寄稿しました


ボイジャーに対し厳しめの意見ですが、中の人に「こういう視点で掘り下げてくれる記事ってあまりない」と喜んでもらっていたので、良かったです。



実は最後の一文、初稿では「さて、ボイジャーは出版社として、どこを目指して船を漕ぐのでしょうか?」という終わり方でした。対象をボイジャーだけに絞り込む形です。

しかし、編集の仲俣さんから「ニュアンスをもう少しはっきり」「より大きな問いかけにすることもあり」という指摘を受けました。少し考え、タイトルが『出版社のレゾンデートル(存在意義)』なのだから、出版社全体に対する問いかけの方がいいと思い直し、いまの形に修正しました。この方が良いですね。仲俣さんに感謝。



Rebisさんが気づいてくれて嬉しい!(∩´∀`)∩



DOTPLACEさんから同じ日に、こちらは池澤夏樹さんの記者会見に絞り込んだ記事が。同じ日に出たのは単なる偶然です。面白いw

週間人気投稿

月間人気投稿