2014年4月8日火曜日

"セルフパブリッシング作家に打撃? Amazon Kindleストアで希望小売価格99円が設定できなくなったワケ" をダ・ヴィンチニュースへ寄稿しました

http://ddnavi.com/news/190370/
セルフパブリッシング作家に打撃? Amazon Kindleストアで希望小売価格99円が設定できなくなったワケ | ダ・ヴィンチニュース



「ダ・ヴィンチ電子ナビ」が「ダ・ヴィンチニュース」にリニューアルしてから初の寄稿です。リニューアルが今年の1月29日なので、結構久しぶりですね。ご無沙汰しておりまーす < ダ・ヴィンチニュースの中の人

最後に書いたこの部分。

また、3MB以上のコンテンツを常時100円で販売したい作家は、Kindleストア以外のプラットフォームを選ぶしかありません。個人作家が直接取引できて、出版社経由の商業作品と同じ土俵で勝負できるプラットフォームには、Kindleストア以外に「Google Play ブックス」「iBooks Store」「楽天Kobo」などがあります。

KDPでは使える武器が減ってしまったわけですが、選択肢は外にもあるのではないかな、と思うのですが。楽天KoboのKWLは自分で使ってないので分からないですけど、GooglePlayブックス(パートナーセンター)とiBooks Store(iTunes Connect・出版には要Mac)は、特に制限なく0円から設定可能です。

GooglePlayブックスで1億円

逆に、GooglePlayブックスには希望小売価格の上限がないようで、試しに1億円にしてみたらサラッと出版できて吹きました。ある意味凄い。カード限度額あるから、買えないとは思いますが。


いまならまだ100円。

週間人気投稿

月間人気投稿