2013年3月30日土曜日

冬アニメ2013が終わるので、小説・漫画を電子書籍で読んでみよう(集計表付き)



2013年第1クールがまもなく終わります。アニメで見て好きになって「漫画や小説で読んでみたいっ!」という方もいるでしょう。そこで、各電子書店における配信状況を調べてみました。対象は以下の11ストアです。


調査対象は以下の34作品です。2013年新春開始のタイトルだけを対象にしています。



タイトル一覧はこちらの記事を参考にさせて頂きました。


なお、配信状況調査は2013年3月30日に行なっています。あくまでその時点での状況だということを予めご了承下さい。

2013年3月27日水曜日

文化庁主催 第8回コンテンツ流通促進シンポジウム『著作物の公開利用ルールの未来』に行ってきた


http://www.bunka.go.jp/chosakuken/seminar/contents_sympo8/index.html
文化庁 | 著作権 | セミナー・シンポジウムなどについて | コンテンツ流通促進シンポジウム | 第8回コンテンツ流通促進シンポジウム『著作物の公開利用ルールの未来』


モデレーターは著作権専門弁護士でおなじみの福井健策さん、パネリストにクリエイティブ・コモンズ・ジャパン常務理事の野口祐子さん、森美術館館長の南條史生さん、津田大介さん、赤松健さん、文化庁著作権課著作物流通推進室長の山中弘美さんというシンポジウムを聴講してきましたのでレポートさせて頂きます。

2013年3月25日月曜日

「電子書籍アワード2013:データ協力書店のご案内」をダ・ヴィンチ電子ナビへ寄稿しました


http://ddnavi.com/award2013/store/
電子書籍アワード2013:データ協力書店のご案内 | ダ・ヴィンチ電子ナビ


それぞれの特徴を「300字以内」でまとめるのが結構大変でした。重要なポイントはきっちり押さえているつもりですが、いかがでしょう?

出版(紙・電子書籍)関連の気になるニュースまとめ(2013年3月18日~2013年3月24日)


出版(紙・電子書籍)関連の気になるニュース
(※写真:写真素材 足成より)

出版(紙・電子問わず)関連でボクが気になった先週のニュースについて、コメントをつけてまとめていきます。毎週月曜配信。

2013年3月22日金曜日

eBookJapan記者発表会に行ってASUSの新型タブレットをもらってきた(追記あり)



いろいろ記事を書いている関係でお声掛けいただき、eBookJapanの記者発表会に行ってきました。ASUSの新型タブレット「ASUS Memo Pad ME172V」が明日から販売開始になりますが、eBookJapanが提携してコンテンツサービスを提供する、という内容でした。タイトルにばーんと書いてる通り、端末はおみやげとして記者発表会に来ていた人全員に配布していました。念のため「貰った」ことは書いてもいいという確認をとっています。なんという太っ腹。

庄司創さんの「三文未来の家庭訪問」は紙と電子が同時発売とのことなので調べてみた


献本御礼。


庄司創さんの短篇集「三文未来の家庭訪問」は、紙と電子が同時発売です。四季大賞受賞作を含む新人作家の短編集が紙と電子の同時発売というのは、アフタヌーンコミックでは初めてとのこと。そこで、せっかくの「同時発売」がどこまでちゃんと反映されているか、主要電子書店で調べてみました。

調査対象はいつもの10ストアに、オープンしたばかりのiBookstoreを追加します。


2013年3月21日木曜日

iBookstoreはひとたび配信開始した作品を、後で配信停止する場合がある(そして復活する場合も)※追記あり




こちらはiBookstoreで配信されていた「To LOVEる ダークネス」カラー版の1巻です。現時点でiBookstoreからは消滅し、購入することはできなくなっています。

マンガ大賞2013が決まったので、ノミネート作品の電子書籍化状況を再検証してみた




マンガ大賞2013を、吉田秋生さんの「海街 diary」が受賞しました。そこで、ノミネート作品公表時点(1月21日調査)と、現時点(3月21日)での電子書籍化状況を比較検証してみました。調査対象ストアは以下の10ヶ所です。


調査対象は以下の11作品です。


なお、(販売開始日不明)となっているのは、書籍の詳細ページに日付が記載されていないことを意味します。新着情報を別途配信している場合でも、調べるのが面倒なので販売開始日不明扱いにしてあります。ご了承下さい。

これもうきっとGoogle+ガイドブック 2.情報収集編 と 3.情報発信編 をKindleダイレクト・パブリッシングで配信開始しました


いままでとの大きな違いは、パブー経由ではないという点です。つまり、Kindleダイレクト・パブリッシングを利用しました。

eBook USERに寄稿した「KindleやKoboへ個人作品を手間なく連携配信できるパブーのプロ版を試す」でも気になる点として挙げた、配信や更新に時間がかかるという点がどうにも我慢できなくなったためです。第1巻の配信までに4日間かかったのは、まあ許容範囲です。でもその後がダメ。

Send To Kindleボタンを設置してみたけど .com アカウントじゃないと使えないみたい


Send to Kindle Button


Amazon.com がウェブサイト用「Send to Kindle」ボタンの提供を開始したので、さっそくこのブログにも設置してみました。いくつか注意点がありますので、簡単にレポートします。

2013年3月15日金曜日

Googleリーダーがサービス終了しても、RSSリーダーの役目は終わらない


Googleリーダー

「Google春の大掃除」で、なんとGoogleリーダーがターゲットになってしまいました。この発表をきっかけに、「RSSリーダーの時代は終わった」という意見と「無くなっては困る!」という意見がぶつかり合い、活発な議論が繰り広げられています。

ボクもGoogleリーダーは結構愛用させてもらっているので、無くなってしまっては困る派です。ただ、他社が次々と代替するサービスを用意すると表明しているので、あまり心配はしていません。そして、なぜ「RSSリーダーの役目は終わらない」と考えているかを記しておきたいと思います。

2013年3月11日月曜日

出版(紙・電子書籍)関連の気になるニュースまとめ(2013年3月4日~2013年3月10日)


(※写真:写真素材 足成より)

出版(紙・電子問わず)関連でボクが気になった先週のニュースについて、コメントをつけてまとめていきます。毎週月曜配信。

2013年3月8日金曜日

本音ダダ漏れ #電子マンガサミット へ行ってきた(追記あり)



赤松健さんが「ヤバい会だった」と述懐している「電子マンガサミット」へ、ボクも行ってきました。いやー記事にしづらい。これ、商業媒体には書けないです。



【出演(敬称略)】
鈴木みそ(漫画家) http://www.misokichi.com/
うめ・小沢高広(漫画家) http://www.chabudai.com/
赤松健(漫画家、株式会社Jコミ代表) http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/
鈴木雄介(eBookJapan会長) http://corp.ebookjapan.jp/

お酒の勢いもあったのかもしれませんが、「ええ!?」と思うような発言が飛び出す飛び出す。場が何度も凍りつきました。いやーほんと記事にしづらい。面白い会だったのは間違いないのですが、「ここだけの話」も多いんですよね……うーん。頑張ってレポートしてみます。

2013年3月4日月曜日

「CMT CONNECTIONレポート:電子出版でコンテンツ・ビジネスの未来はどう変わる?」をITmedia eBook USERへ寄稿しました



レポートを寄稿しました。赤松先生と佐渡島さん、まつもとあつしさんのパネル・ディスカッションは結構面白かったんですが、どの媒体もまだ記事にしてないんですね。意外。

出版(紙・電子書籍)関連の気になるニュースまとめ(2013年2月25日~2013年3月3日)


(※写真:写真素材 足成より)

出版(紙・電子問わず)関連でボクが気になった先週のニュースについて、コメントをつけてまとめていきます。毎週月曜配信。

2013年3月2日土曜日

「虚空の冠」の単行本とその電子版、文庫本の価格差に思うこと


Facebookでこちらの本が紹介されていました。

虚空の冠(上): 覇者たちの電子書籍戦争 (新潮文庫)
楡 周平
新潮社 (2013-02-28)
売り上げランキング: 2,615

虚空の冠(下): 覇者たちの電子書籍戦争 (新潮文庫)
楡 周平
新潮社 (2013-02-28)
売り上げランキング: 2,616

電子書籍の覇権争いがテーマの小説のようです。「これ電子書籍で出してくれたら読むのに!w」というコメントが付いていたので、「こういうタイトルで電子書籍化されていないなんて、ちょっと切ないなあ……」と思い、Kindleストアで検索をしてみました。

2013年3月1日金曜日

手塚治虫文化賞「マンガ大賞」候補作の主要電子書店配信状況を調べてみた




手塚治虫文化賞「マンガ大賞」候補作が発表されました。そこで、現時点での電子書籍配信状況を調べてみました。調査対象ストアは以下の10ヶ所です。


ノミネートされているのは以下の7作品です。

2013年2月の人気記事ランキング


(※写真:写真素材 足成より)

2013年2月の人気記事です。

毎週金曜更新のKindle本セールは、慌てて飛びつくと損をする




毎週金曜日に更新される、Kindle本セール。普段の価格よりかなり安くなっているので、狙いをつけている方も多いと思います。しかし、慌てて飛びつくと損することもありますよ、という話。

週間人気投稿

月間人気投稿