2013年11月11日月曜日

夏アニメ2013「有頂天家族」の関連書籍が主要電子書店でどれだけ配信されているかを検証してみた


2013年夏季開始のアニメ「有頂天家族」は、幻冬舎が刊行した小説が原作で全1巻が刊行されています。また、同社の「コミックバーズ」でコミカライズされ、1巻が刊行されています。こちらの主要電子書店における、現時点の配信状況を調べてみました。対象は以下の11ストア、並び順は春アニメ2013の検証で網羅率の高い順です。


なお、配信状況調査は2013年11月10日に行なっています。あくまでその時点での状況だということを予めご了承下さい。



小説


有頂天家族 (幻冬舎文庫)
森見 登美彦
幻冬舎 (2010-08-05)
売り上げランキング: 1,413

第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた四兄弟……でも主人公は狸?! 時は現代。下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。

こちらは9ストアで配信中です。



コミック


有頂天家族 (1) (バーズコミックス)
幻冬舎コミックス (2013-09-24)

狸の名門・下鴨家のの三男である矢三郎は、偉大なる父亡きあと一族の名誉のために、天狗と人間、そしてライバル狸が跋扈する京都の街をへなちょこの兄弟と駆け巡る――!! “ふはふはの愛”と“阿呆の血”がぎうぎうに詰まった森見登美彦の大ヒット“毛玉ファンタジー”をコミカライズ!!

コミック1巻は10ストアで配信中です。



結果


週間人気投稿

月間人気投稿