2013年10月23日水曜日

Mac OS X Mavericksが「iBooks」に対応し、Apple公式のDRMフリーEPUBビューワになった


やっと公式化したよ……。



というわけで本日登場したMac OS X Mavericksに「iBooks」が搭載され、DRMフリーEPUBが簡単に開けるようになりました。

Mac版iBooksのライブラリ

従来は、EPUBを開くためには、例えば「Kinoppy」や「Adobe Digital Editions」などのアプリケーションを別途インストールする必要がありました。Mac OS X Mavericks以降はそういう必要がなくなるので、飛躍的にEPUBが普及しやすくなるように思います。ダウンロードしたファイルを開くために別途アプリが必要な状況って、結構なハードルになるんですよね。

また、いろんな会社がEPUBビューワを出していますが、同じファイルでも表示が違ってしまうという厄介な問題があります(ブラウザの方言と似たような問題です)。しかし、Apple公式アプリですから、さすがにiOS版とMac版で見た目が違うという事態は起こりづらいはず……ですよね? お願いしますよ、Apple先生。

Mac版iBooksで範囲選択時に開くメニュー

範囲選択してマーカーしたりメモを書いたり、ウェブ検索したり、TwitterやFacebookに引用投稿したりもできます。

いちおう、簡単に導入方法解説記事を、別ブログに書いておきました。


簡単に言ってしまえば、Mac OS X Mavericksにアップデートして、iBooksにApple IDでサインインするだけなんですけどね。いやー簡単になった。Windows公式も出るような噂があるし、あとはGoogle先生がPlayブックスを公式化してくれれば……。

週間人気投稿

月間人気投稿