2013年8月27日火曜日

auから発売されるNexus 7 (2013) Wi-Fiモデルは、au公式の電子書店「ブックパス」に非対応


明日から国内で発売開始される新型 Nexus 7 (2013) Wi-Fiモデルですが、なんと今回は au からも発売されるという発表がありました。

しかし、他店では16GBモデルが27,800円、32GBモデルが33,800円なのに対し、auは16GBモデルが30,500円、32GBモデルが37,000円と、2,700円から3,200円高めの価格設定になっています。



しかも、LTEモデルの発売予定はなし。

ではなぜ au は Nexus 7 (2013) Wi-Fiモデルを扱うのでしょうか?



さて、au には公式の電子書店「ブックパス」があります。


他と比較すると、「読み放題プラン」があるというちょっとユニークな電子書店です。ただし、利用には KDDI の回線契約と au ID が必要となります。そして Androidタブレットの場合、LTEモデルじゃないと利用できないという制限があります。

あれ?

ではなぜ au は Nexus 7 (2013) Wi-Fiモデルを扱うのでしょうか?

au で販売し、若干高めの価格設定になっているわけだから、もしかしたら Nexus 7 (2013) Wi-Fiモデルでも「ブックパス」が利用できるのでしょうか?

au に電話して確認してみました。

非対応 とのことでした。

ではなぜ au は Nexus 7 (2013) Wi-Fiモデルを扱うのでしょうか?

……意味がわからない……。

とりあえず au は置いておくとして、新型 Nexus 7 (2013) を 2012と比べると

  • 薄い
  • 軽い
  • 細い
  • 速い
  • 解像度が高い
  • 背面カメラ付き
  • 横向き時に左右スピーカー

という利点があります。まあそれでも、2012を持っているなら、わざわざ2013に買い換える必要はないかも。レビューはこちらを見ていただくといいと思います。

Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 32GB
ASUSTek
売り上げランキング: 776

これはボクの持ってる2012のWi-Fiモデル 32GB。

週間人気投稿

月間人気投稿