2013年5月14日火曜日

「ハフィントン・ポストにみる『編集』の未来」をマガジン航[kɔː]に寄稿しました

http://www.dotbook.jp/magazine-k/2013/05/13/future_of_editorship/
ハフィントン・ポストにみる「編集」の未来 « マガジン航[kɔː]


仲俣暁生さんと初めて仕事をさせて頂いたのですが、編集者としての仕事ぶりがハフィントン・ポストとは非常に対照的でいい刺激になりました。ハフィントン・ポストは一切原稿に触らない代わりに、「載せない」という判断をする場合もあるという「弱い編集」の形。

仲俣さんのような「強い編集」は、原稿の内容がどうやったらもっとわかりやすくなるか、研ぎ澄まされるか、読者に伝わるかを徹底的に考え、著者と対峙します。バトルと言ってもいいかもしれない。まあ、ボクの原稿が未熟だったというのもあるのでしょうけど。これからの時代は、どちらの編集の形もありなのかな、とは思います。

編集進化論 ─editするのは誰か? (Next Creator Book)

フィルムアート社
売り上げランキング: 20,540

Kindle版が欲しい……。

週間人気投稿

月間人気投稿