2012年9月18日火曜日

電子書籍版のガガガ文庫「人類は衰退しました」をKinoppyで読んで感じたこと


ボクは「アニメの原作を電子書籍で」シリーズのエントリーで、小学館のガガガ文庫は電子書籍版を「廉価版」として捉えているらしく、表紙以外にはイラストがないという注意書きをしてきました。


先日、紀伊國屋書店BookWebPlusで「人類は衰退しました」を購入したので、どんな感じなのかを確認してみました。レポートさせて頂きます。



実際のところ、最後の方の「妖精さんメモ」に、なかた氏とちくわ氏などの図版資料が付いているので、ストアの注意書きにあるように「イラストが無い」わけではありませんでした。まあ、一般的なライトノベルに入るような、1ページまるまる使ったイラストではありませんけど。

ちなみに表紙画像はこんな感じです。iPadのRetinaディスプレイで観ているからというのもあると思いますが、画像の劣化具合が凄まじい。これ、イメージダウンになりかねないような(;・∀・)


もう1点気になったのが、ところどころで妙なフォントの文字が混ざること。下図はKinoppyビューアの機能を使って、マーカーを付けてあります。


これが、電書魂さんが取り上げていた「異体字問題」というやつですね。

紙書籍版を持っていないので比較検証ができないのですが、画面で見る限り恐らくオリジナル版(底本)がJIS第3/第4水準漢字を使っているのでしょう。下図はJIS第1/第2水準漢字との比較です。


わざわざこういう処理を施さなければならないというのが頭痛いのですが……使用する漢字を変えたら「同一性保持権の侵害だ!」って怒り出すような著者がいる、ということなのでしょう。「その異体字を使った表現に、著者としての意図がある」のかもしれませんが、デジタル・ネットワーク時代に合わせた形で変換する許可をとればいいのではないかと思うのですが……難しいのかなあ。

人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)
田中 ロミオ
小学館 (2011-11-18)
売り上げランキング: 64


[追記]
この作品、ニコニコ静画(電子書籍)で冒頭だけ配信が始まったのですが、表紙画像はめちゃ綺麗だし、巻頭に挿絵が入ってるしで、いま他ストアで配信されている「廉価版」とは明らかにクオリティーが違います。もしかしたら、高画質イラスト付きの「通常版」を用意している最中なのかもしれませんね。

だとしても、アニメ放映もうすぐ終わるんですけど……放映前に用意できないものなのか(;´∀`)

週間人気投稿

月間人気投稿