2012年7月31日火曜日

ライトノベル1巻まるごと無料キャンペーン実施中!のMF文庫J作品は「MFラノベ・コミック」で読むのが一番


メディアファクトリーのMF文庫Jが、10周年で様々なイベントやフェアを行なっています。


その一環で、「聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)」電子書籍版の1巻が、期間限定で無料配信されています。10月31日20:00までなので、読んでみたい方はお早めに。

で、これはGoogle+の投稿で知ったのですが、なんと電子書籍ストアごとに挿絵の画質が異なります。



会員登録済みの「honto」・「BookLive!」・「紀伊國屋書店BookWeb」「BOOK☆WALKER」・「MFラノベ・コミック」の5箇所で、巻頭にある見開きイラストを、iPad(Retina)の横レイアウトでスクリーンショットしました。

※著作権法第32条により認められた、批評を目的とした「引用」です。
※以下5枚の画像は、クリエイティブ・コモンズ適応除外です。無断転載は厳禁です。


hontoの場合



見開きのイラストが、右ページに縮小された形で表示されます。拡大もできません。登場人物の名前や説明書きは、辛うじて読める程度の画質です。


BookLive!の場合



見開きのイラストが、中央に縮小された形で表示されます。こちらも拡大はできません。登場人物の名前や説明書きは、辛うじて読める程度の画質です。hontoよりちょっとマシ?


紀伊國屋書店BookWebの場合



縮小された見開きのイラストと、1つ前のページのイラストが一緒に表示されます。こちらのビューワー(Kinoppy)は拡大表示に対応していますが、元々大きな画像を縮小しているわけではないようです。ちなみに手を放すと元のサイズに戻ってしまいます。登場人物の名前や説明書きなどは、やはり辛うじて読める程度の画質です。


BOOK☆WALKERの場合



驚いたことに、同じ角川グループのBOOK☆WALKERでさえ、紀伊國屋書店BookWebと同じレイアウト表示になっています。こちらのビューワーも拡大表示に対応していますが、やはり元々大きな画像を縮小しているわけではないようです。ちなみにこちらは、手を話しても拡大表示のままになります。登場人物の名前や説明書きなどは、やはり辛うじて読める程度の画質です。


MFラノベ・コミックの場合



メディアファクトリー公式アプリでは、どーんと見開きで表示されます。登場人物の名前や説明書きも、楽勝で読めます。ビューワーは拡大表示に対応していますが、さすがにこのサイズが原寸のようで、拡大するとぼやけます。しかし、Retinaディスプレイでここまで綺麗に表示されれば、充分でしょう。



というわけで、MF文庫Jの電子書籍は「MFラノベ・コミック」で読むのが正解のようです。さすがにコミックの場合は、こんな差別化は無いと思いますが……。

なお、ソニー「Reader Store」や楽天「Koboイーブックストア」は、キャンペーン対象ではないようで、有償のまま販売されています。シャープ「GARAPAGOS STORE」はキャンペーン対象になっている(1巻無料)ので、e-inkの専用端末向けストアは除外されているっぽいです。

こんなことも、ストア選びの基準にしてみてはいかがでしょうか?

↓こちらはコミカライズ版です。

聖剣の刀鍛冶 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
三浦 勇雄
メディアファクトリー

週間人気投稿

月間人気投稿