2012年5月1日火曜日

これもうきっとGoogle+ガイドブック:第4章 Google+へ投稿しよう (8) 文字装飾ができる

[注意] Google+はどんどんアップデートされていますが、このブログに書いてあるガイドの内容はアップデートしていません。最新の情報は電子書籍版(有償)でご確認下さい。





投稿する文章には、太字・斜体・取り消し線の、文字装飾ができます。太字は特に強調したい箇所に、斜体は引用文に、打ち消し線は再編集箇所に用いると、判りやすくていいと思います。
  • 太字: 前後を半角の * (アスタリスク)で挟む。
  • 斜体: 前後を半角の _ (アンダーバー)で挟む。
  • 打ち消し線: 前後を半角の - (マイナス)で挟む。途中1文字以上半角英数を含むようにする。 

 ちょっと打ち消し線だけ、妙な仕様になっています。ボクが打ち消し線を使う時は、てきとうな位置に半角スペースを入れるようにしています。また、文中で文字装飾する場合は、装飾記号の前後に半角スペース文字が必要です(半角スペースを入れるといいと思います)。あと、装飾記号で挟みこむ途中で改行すると無効になるので注意しましょう。自動改行の場合は大丈夫です。




【目次はこちら】

[注意] Google+はどんどんアップデートされていますが、このブログに書いてあるガイドの内容はアップデートしていません。最新の情報は電子書籍版(有償)でご確認下さい。

週間人気投稿

月間人気投稿