2012年4月4日水曜日

電子書籍ストアレビュー「GALAPAGOS STORE」(追記あり)

※2012年9月17日追記:レビューし直しました。


以下は記録のために残しておきますが、過去の姿です。
いまはもう全く違うサービスに生まれ変わっています。





第1回目は、シャープの「GALAPAGOS STORE」です。

http://sharpgalapagos.jp/

シャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブの合弁子会社が、2010年12月10日に開始したサービスです。開始当初は「TSUTAYA GALAPAGOS」という名称でした。2011年9月27日に提携を解消し、シャープの子会社GALAPAGOS NETWORKSの運営になりました。

電子書籍情報まとめノートの情報によると、国内のストアでは最も蔵書点数が多いようなので、1番目にレビューさせて頂きます。
結論から先に申し上げさせて頂くと、いろいろと酷いです。

[追記]
2012年4月20日リリースの「ネット書庫」サービスと、パソコンから購入可能なストアのオープンで、酷い部分がかなり緩和されました。



レビューはこちらの記事の
・ラインナップが充実していること
・読みたい本を簡単に探せること
・簡単に買えること
・いつでもどこでも簡単に読めること
・いつまでも保管できること
という5つの要素に基づいて行わせて頂きます。

※このレビューは投稿時点でのサービス内容に基づいています。

ラインナップは充実しているか?


ITmediaのeBook USERで、Sonyの「Reader Store」の定点観測を行なっています。
こちらによると、書籍が3万8522点、コミック1万4583点、雑誌592点、新聞7点という数字になっています。ジャンルも満遍なくあるようですね。ストアの開始年月からすると、恐らく2010年以前の書籍は取り扱いが無い、というところが弱点でしょうか。ただしこれは、国内どのストアにも多かれ少なかれ言えることです(それを解消するための組織が出版デジタル機構ですね)。


読みたい本を簡単に探せるか?


「GALAPAGOS STORE」は、シャープ製のメディアタブレットから接続することを前提に作られたサービスです。ボクはシャープ製のメディアタブレットを持っていないので、その使用感は判りません。

ただ、他社製のAndroid端末でも、「GALAPAGOS App」というAndroidアプリから利用することができます。LinuxOSだったシャープ製メディアタブレットも、今はAndroid2.3にアップデート可能になっているので、恐らくシャープ製メディアタブレットも「GALAPAGOS App」と同じものを使うことになるのでしょう。Andoroid2.1以上の端末に対応しているので、ボクの持っているXperia(SO-01B)は辛うじてセーフです。

「GALAPAGOS App」を起動すると、まず「ユーザー登録をする」という画面が出てきますが、登録しなくてもストアは見られます。会員登録しなくてもダウンロードできる、無料のお試しコンテンツもあります。この辺りは比較的親切設計ですね。画面はこんな感じです。
ストアのメニューは「おすすめ」がデフォルト表示で、「書籍」「コミック」「雑誌」「新聞」と分かれています。それぞれジャンルが細かく設定されていてカンタンに絞込むことができますし、キーワード検索もかなり詳細な条件設定ができるようになっています。

無料お試しダウンロードもいくつか用意されています。すべてではありませんが、冒頭だけ試し読みできる書籍もあります。「詳細情報」がもっとAmazonみたいに概要や目次まで細かく載っていればいいんですけどね。いちおうレビュー機能は付いてますが、利用者がいるのかどうか……。

ちなみに商品情報画面はこんな感じです。
これは何巻ですか?!……まあ、表紙からして1巻でしょうけど。情報を登録する際のミスだと思いますが、お粗末ですね。
[4/5追記]
1巻にナンバリングは無いというご指摘を頂きました。失礼しました。お粗末なのはボクでした。

ゼロの使い魔 (MF文庫J)
ヤマグチ ノボル
メディアファクトリー
売り上げランキング: 74144

ちなみに、シャープ製のメディアタブレットを持っていれば、Windowsパソコン用アプリ「GALAPAGOS Station」から購入して、メディアタブレットに同期することができます。今販売しているタブレット7インチ1024×600より画面が小さいパソコンはめったにないと思うので、恐らくパソコンからの方がストアは利用しやすいことでしょう。

ただ、「GALAPAGOS Station」のストア機能・同期機能は、他社端末には対応していない(リンク先中段の「注意事項」を参照)ため、試すことができません。なんでやねん。

[4/20追記]
パソコンから購入可能なストアがオープンしました。
http://galapagosstore.com/web/btop


簡単に買えるか?


「ユーザー登録をする」をクリックすると、「新規のお客様はこちらから」と「既にユーザーIDをお持ちのお客様はこちらから」というメニューが表示されます。「ユーザーIDの新規登録」ボタンを押すと、「利用規約と情報配信への同意」を求められます。「同意する」にチェックして「次に進む」を押すと、ユーザー情報の入力画面になります。

必須項目は「メールアドレス」「パスワード」「性別」「生年月日」です。氏名・ふりがな・ニックネームは不要で、ニックネームは入力しないと勝手に「GALAPAGOSユーザー」になります。確認画面で「登録」を押すと、ユーザーIDがメールに送られます。

ここからクレジットカード情報を入力する画面へ進むか、ログインするかを選べます。「クレジットカード決済を利用する場合は」と書いてありますが、支払い手段はクレジットカードだけです。なんのこっちゃ。VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Dinersが利用できます。

ちなみに、クレジットカード情報の入力を後から行う場合は、「ストア」の「アカウント情報」から「決済情報」です。「デスク」の設定ではありませんのでご注意。決済情報の必須項目は明記されていませんが、カード種類・名義人・カード番号・有効期限だけ入力すれば、氏名・かなは入力不要でした。

「ログイン」を押すと、メールに送られている「ユーザーID」が入力済みの状態になっています(パスワードは再入力しなければなりません)。普通に考えたらそんなの当たり前だろ!と思いますけど、意外とこういうことができないサービスが多いんですよね。ここは評価。

ユーザーIDと決済情報を登録しておけば、商品情報画面から「すぐに買う」からパスワードを入力するだけで購入できます。毎回パスワード入力しなければならないのは、端末を落とした時やいたずらされた時に勝手に購入させないための配慮でしょうか。モバイルからは致し方ないのでしょうね。他社製品でもパソコンから買えるなら、こういう面倒は無いのですが……。

さっき商品情報画面で見た「ゼロの使い魔(1巻だとする)」は450円でしたが、Amazonで調べたら609円でした。運が悪いことに、BOOK☆WALKERで1巻だけ無料キャンペーンやってますので、絶対買いませんけどね。なお、BOOK☆WALKERで2巻以降は450円なので、恐らく価格設定は出版社側が主導権を持っているのではないでしょうか。

ちなみに、ダウンロードしたファイルを「デスク」で長押しすると、「共有する」というメニューが出てきて、書籍情報をSNSなどに飛ばせるのですが、いかんせんパソコンから購入ができないため、「GALAPAGOS App」をインストールしている相手に対してしか意味のない機能になっています。虚しい。


いつでもどこでも簡単に読めるか?


同時に3台まで端末登録ができるのですが、パソコンからは読めない、iOSにも対応していないという悲しい仕様になっています。まあ、シャープ製のメディアタブレットを持ってさえいれば、比較的快適な読書生活が送れるのかもしれませんが、書籍の販売サービスとして考えたら、馬鹿みたいな仕様ですね。自社の端末だけを売りたいのが見え見えです。

また、他社製のAndroid端末で「GALAPAGOS App」を使ってダウンロードしたコンテンツは、内部ストレージに保存されmicroSD等の外部ストレージへデータ移動できない仕様(リンク先最下段の「ご利用時の注意点」を参照)になっています。
シャープ製以外の機種で「GALAPAGOS App」をご利用される際に、以下の内容について、ご注意をお願いします。
●内部ストレージを持つ機種では、ダウンロードしたコンテンツは内部ストレージに保存されます。microSD等の外部ストレージへのデータ移動などはできません。また、別の端末でご利用されているmicroSDを挿入しても、ご利用できません。複数の端末(3台まで)を同時利用される場合は、ストアから再ダウンロードすることで、ご利用頂くことができます。
ボクの持っているXperiaは内部ストレージが極めて小さいので、複数冊を入れておくような余裕は無いでしょうね。購入情報は残るので、読み終わったら端末から削除して、次の本をダウンロードする、という使い方になると思います。馬鹿か。

ちなみに「GALAPAGOS App」からストアに行って、「はじめての方はこちら」を見ると、こんなことが書いてあります。
端末が壊れたり機種変更したら読めなくなるかも
大丈夫です!購入履歴から再ダウンロードできますしmicroSDの情報を保管しておけば新しい端末になってもご利用できます。
……どっちが正しいんですか、シャープさん。ちなみにダウンロードした無料お試しのXMDFファイルを検索してみましたが、見つかりませんでした。恐らく内部ストレージに保存され、不可視になっているのでしょう。どうしろと。

[4/6追記]
「どっちが正しいんですか」というのは、「GALAPAGOS App」の「はじめての方はこちら」には「microSDの情報を保管しておけば」と書いてあるのに、Web上の「ご利用時の注意点」で「(他社製品では)microSD等の外部ストレージへのデータ移動などはできません。」と書いてあることを指しています。要するに他社製品だとできんだろ!というツッコミです。念のためサポートに問い合わせてみましたが、「データが内部ストレージに保存されるか外部ストレージに保存されるかは機種ごとの仕様であり、当方では他社製端末での検証を行なっていない。」とのことでした。「期限内なら再ダウンロードできます。」とのことです。

[4/20追記]
「ネット書庫」サービスが追加されました。
これによって、シャープ製以外の端末でも、Android2.2以上の端末であればオンラインストレージ的な利用ができるようですね。いい改善だと思います。iOSへの対応マダー?


いつまでも保管できるか?


スマートフォン・タブレット端末をシャープからシャープへ機種変更した場合、「GALAPAGOS App」を新しい端末にインストールしてユーザーIDを設定し、コンテンツを保存していたmicroSDカードを新しい端末に入れ替えればいいようです。

複数の端末は3台まで対応していて、再ダウンロードもできるらしいのですが、他社製品を使っていて短期間に3台買い換えたり壊したりしたら、どうなるんでしょうね……?



結論


ボクは、このレビューが終わったら「GALAPAGOS App」を消します。たぶん2度と利用しないでしょう。あまりにも酷い。

タブレット端末・PDA シャープ GALAPAGOS A01SH
Sharp
売り上げランキング: 169207

週間人気投稿

月間人気投稿