2011年12月11日日曜日

【書評】ジェイムズ・P・ホーガンさんの「星を継ぐもの」を読んだ

1977年に出版されたSF。古典と言ってもいいかもしれませんが、今まで読んだことがありませんでした。Google+のストリームで「面白かった!」という意見をチラホラッと見て、興味を持ち購入。



星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 192


月の裏側で見つかった、5万年前のヒトの遺体。生物学的には現代の地球人とほとんど変わりがないという、その謎の遺体を巡る壮大な謎解き話です。



ストーリーは基本的にその謎解き「だけ」と言ってもいいでしょう。科学者同士の主張がぶつかり合うシーンなども多少ありますが、ストーリーの中心は謎解きです。それも、非常に科学的な論証に基づいた謎解きです。

物語中最大の謎が解けるシーン……主人公のハントが、ガニメデで木星を仰ぎ見て閃いたのとと同時に、なぜかボクにもその謎が解けました。詳細はネタバレになるので書きませんが、その後に続くハントによる謎解きシーンは、ボクの予想の答え合わせシーンとなりました。

しかし、もう1段階先があったとは……2500万年という数字を軽く考えていましたが、言われてみればその通り。これは読めば意味が判ると思います。一歩及ばず。「あーそうか、やられた」という読後感でした。

また、ボクの脳内からあまりにスムーズに解が出てきたのもおかしい気がします。自分で謎が解けたと勝手に思っているだけで、もしかしたら過去にどこかでネタバレを目にしていて、それを覚えていたのかもしれませんね。

本編中では解き明かされてない謎がいくつかあるのですが、続編が4冊も出ているので恐らくそこで明かされることになるのでしょうね。続きも読んでみようと思います。



ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 1826



巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 2264



内なる宇宙〈上〉 (創元SF文庫)
ジェイムズ・P. ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 8466




内なる宇宙〈下〉 (創元SF文庫)
ジェイムズ・P. ホーガン
東京創元社
売り上げランキング: 8178



ところで実は、小説を買ってから「なんで今ごろ話題になったんだろう?」と疑問に思ったのですが、ちょうど今、ビッグコミックスで星野之宣さんによって漫画化されているんですね。知りませんでした。



星を継ぐもの 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
星野 之宣
小学館 (2011-11-30)
Amazon.co.jp で詳細を見る

週間人気投稿

月間人気投稿